リサイクルトナーの利点と注意点

家庭用のプリンタはインクジェットプリンタが主流のため、トナーという言葉に馴染みはないかもしれません。しかし、オフィスにおいては、レーザープリンターが主流のため、印刷をたくさんしていると、インク切れならぬ、トナー切れという言葉に悩まされることになります。そして、トナーは、インクに比べて価格が高めのため、仕事で大量に印刷をする場合、トナー代も無視できない金額となることがあります。

そういった時に検討してもらいたいのがリサイクルトナーです。本来、トナーが切れた際は、トナーカートリッジごと交換する物です。カートリッジは、ただの入れ物だけでなく、内部に撹拌用のモータ-等が仕込まれており、カートリッジだけでもそれなりの金額となります。リサイクルトナーは、トナーカートリッジを業者に預け、そのカートリッジに、新しいトナーだけを詰替えてもらうことで、トナーの交換費用を抑えることのできる仕組みです。

ただし、プリンタメーカーとしては、トナーカートリッジの丸ごとの交換を前提としていますので、リサイクルトナーの仕組みは、メーカー推奨ではありません。よって、印字に問題が出た際にサポートが受けられない可能性があるのは注意しましょう。